サプリメントの正しいとり方~効果を高めて快調な日々を~

サプリメントは取り方によって効果が高まる?

こんにちは!

 最近、身体のことを想い、サプリメントをとりはじめてみたのでサプリメントについて調べてみました。

実はサプリメントの持つ力を引き出し、より”効果を高める”方法があったんですね!

それは3ステップの順序を守って飲むだけ!

ステップ①サプリの基本マルチビタミンとミネラル

 「マルチビタミン・ミネラルは誰にとっても必須のサプリ」と指摘する専門家は少なくないのです。

これらには、ビタミンやミネラルが数種類以上配合されています。

 私たちはもともと、ビタミンやミネラルを野菜や豆から摂取してきたのです。

がしかし、現代人は野菜や豆など不足しがちです。しかも、野菜自体の栄養価が低下しているため、野菜から摂取しようとすると、カロリーオーバーになる可能性が出てきます。

そのための対策にサプリメントが優れているわけですね!

●どうして現代人にマルチビタミン・ミネラルが必要か?

  • 精白された穀類が主食になっている
  • 野菜や豆の摂取量が少ない。
  • ビタミン・ミネラルを食事で賄おうとするとカロリーオーバーの可能性大
  • 生活上のストレスが多い 

●摂取すると?

  • 元気になる
  • 代謝が上がる
  • 免疫力が上がる
  • ストレスに強くなる
  • 老化が抑えられる

現代人の食生活は「カロリー過多の微量栄養素不足」と言われているそうです。

炭水化物、タンパク質、脂肪の3大栄養素は多すぎる一方、穀類や野菜からとるビタミンやミネラルは不足しがちなのです。

ステップ②活性酸素と戦う抗酸化サプリをプラス

次に抗酸化サプリ。

喫煙や飲酒の習慣がある人、老化が気になりだした人、激しい運動をする人は、抗酸化サプリを加えるといいようです。

体には、代謝やストレスによって活性酸素という悪玉物質が発生する。

これが増えすぎると、酸化ストレスによって、細胞が傷つき、老化が加速し、さまざまな病気の原因になる

抗酸化成分は、この活性酸素の害を減らしてくれる。

 主な抗酸化成分は、互いに電子のやり取りをして酸化・還元を繰り返している。このため、1種類だけより複数種類を摂取するのが望ましい。

マルチビタミン・ミネラルに加え「抗酸化サプリ」を加えたほうがいい人は、①飲酒、喫煙の習慣がある人。②老化が気になりだした人、③激しく運動をする人です。

ステップ③不調対策アプリ

これは気になる不調がある人になりますが、仕上げに不調対策別のサプリメントを加えてみましょう。

とくに、女性の3大不調「冷え」「月経関連のトラブル」「更年期障害」に関しては、サプリメントが得意とする分野。

こうした症状は、ベースとなるマルチビタミン・ミネラルや抗酸化サプリをとることで解決する人も少なくないが、それでも不調が残っている人は、対策別サプリを加えてみよう。

●主な不調対策サプリと成分

不調の種類 主なサプリ
月経前症候群(PMS) チェストツリーなど
更年期障害 大豆イソフラボン、ブラックコホシュなど
冷え 高麗ニンジン、しょうが、イチョウ葉エキスなど
風邪 エキナシア、亜鉛、ビタミンCなど
うつ セントジョンズウォートなど
不眠 バレリアン、テアニンなど

 上記は主なサプリメントですが、ほかにも多数あるため、悩みや症状別に探してみることをおすすめします。

まとめ

 サプリの効果的な飲み方について書いてみました。

サプリメントや健康食品には、確かな効果を期待できるものもある一方で、使用時に注意が必要な成分もあるので、持病のある方や、妊娠中の方などは、医師の確認をとってからの使用にしてください。

一例を挙げると健康食品素材のアロエなどは妊婦が使用してはいけません。

ほかに、医薬品との相互作用が期待できるものがあったりするので、ご自身にあった健康食品やサプリメントをお選びください。

それでは。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よかったらフォローお願いします