雑学・知識

そろそろ節分…

節分とは…

今日は皆さんご存知、日本の伝統行事である節分について、少し詳しく書いていこうと思います。

 日本国民なら誰もが知っている節分、そう!2月4日ごろに豆を撒いて食べるあれです。

「節分って、豆会社の販促の一環でこじつけたものでしょ?」とお考えの方もいるかと思いますが、実は古くからの歴史がある行事なのです。

成り立ち

豆まきは新年に幸福をもたらす年神様が来る前に、不幸をもたらす邪悪な鬼を追い出して家を清めておこうと、中国で行われていた『追儺』という、鬼を追い払う儀式に倣って広まったものと考えられているそうだ。

なぜ2月なのか

節分とは読んで字のごとく、節すなわち季節の別れめのことで、立春、立夏、立秋、立冬の前日を指していた。昔は節分も4回祝っていたそうだが、室町時代のころから立春の前日だけになってきたそうだ。それは立春が当時の新年であり、1年の生活の始めと考えて重要視されていたためだ。

福豆の正しいしきたり

この『福豆』。実はしきたりがあり、炒った大豆を升に入れ、昼間は神棚にお供えしておく。そして、夜になったら玄関から順番に、外と通じる戸や窓のあるすべての部屋で撒くのだ。まくのは年男や年女、家の主人が基本だが、今では一家全員でワイワイ楽しむのが恒例となっている。

ヒイラギやイワシの頭の意味

節分の日にヒイラギに刺したイワシの頭を軒先に飾るのは、吸血鬼対策のニンニクや十字架のようなもの。不幸をもたらす鬼がイワシのにおいを嫌い、ヒイラギの葉のトゲを痛がるからだそう。

このように振り返ると、なかなか奥の深い行事であり、また違った楽しみがある。歴史を振り返りながら、このしきたり通りの豆まきで、厄払い、縁起かつぎをしてみたらいかがでしょうか?