いまさら聞けない?検索の方法について!リテラシーを高めよう

インターネットリテラシーを高めよう!いまさら聞けないGoogle検索小技集(初心者ORど忘れ)

こんばんは!Akiです。天気はいまいちパッとしませんが、暖かい日が続くようになってきましたね。

梅の花が咲いており、そろそろ桜も咲きそうな予感がしてきます。

最近、googleの検索をしていると、「あれっ、どう入力するんだったかな?」と思うことが度々あったので、思い出した小技(というほどでもありませんが…)を備忘録もかねてお伝えします。

検索の基本①(AND)

 当たり前のことを記載し恐縮ですが、万が一のために書いておきます。当たり前にやっていることであろうAND検索。もはや、ANDであることすら気にも留めていない程だと思いますが。。

下図が検索画面ですが、「折れない心」と「チェ」という単語が、両方含まれているものを検索する際に使いますね。スペースで区切り、普通に左側のgoogle検索ボタンを押せば、両方の語句が含まれているものが、検索結果として表示されます。

AND検索 説明

検索の基本②(OR)

次にOR検索です。訳の分からない例になってしまいましたが、これは「今川焼」または「恵方巻」のどちらかのワードが含まれているサイトを検索するものです。例を見ていただけるとと違いがわかるかと思います。

OR検索

まず、直下の画像が「AND検索」のページです。(つまり両方含まれているページ)

OR検索の例

そして、この下の画像が「OR検索」(どちらかが含まれているページ)

OR検索 例②

上位を見れば一目瞭然ですが、検索結果が全く違ってきます。

「OR検索」は、使用する機会は少ないと思いますが、覚えておいて損はないでしょう。入力方法としては【○○○ | ○○○】真中の垂直を小文字で(小文字のパイプラインや縦棒などとよびます)入力。

検索の基本③(NOT)

 次に「NOT検索」です。含みたくないページがある場合に使用します
が、入力方法としては

(例)ラーメン -東京都新宿

あいだにはハイフン(小文字)を入力。そうすると、東京都新宿というワードを除いた結果が表示されます。これもあまり使う機会が少なそうですが、何かの時のために、頭に入れておいてはいかがでしょうか?

新宿って地名って何気に結構あるので、検索の仕方によっては使えるかもです。

検索小技(特定の文字列検索)

特定の文字列を検索したい場合は”○○○○○”(ダブルクォーテーション)で文字列を囲むと、的確なものが表示されます。「曲の歌詞は覚えているのに曲名がどうしても…」とか「映画のワンシーンのセリフは完璧に覚えてるのにタイトルが…」ってときなどに使えるかもです。。

検索小技(一発Webページ)

最後に一発WEBページ!これはあまり使用しないであろうボタンを押すだけです。

一発検索説明

右側のボタンを押せば、検索結果を表示することなく、検索結果の一位のページへ直接ジャンプするものです。これが一番使用機械が少ないかも…笑

まとめ

googleの小技というか初心者向けの解説的なものになってしまいましたが、意外と忘れがちではありませんか?(わたしだけか…)

こんなに事細かに、検索について書いてあるのはおそらくここだけですので、ぜひ永久保存版入りにしてください!笑

最後までお読みいただきありがとうございましたっ!

かんたん便利!Gmail特定のメールを一括消去する方法
わたしはフリーメールでGmailを使用しているのですが、先日、ついに未読のメールが3万件(笑)を超えてしまったので、削除するのに色々と奮闘してみました。特定のメールの一括消去でメールボックスがすっきり!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よかったらフォローお願いします