おすすめ

布団に黒カビが発生!対策と予防について

掃除

こんにちは。。

つい最近、ショッキングなことがあったので、対策と予防について書いてみようと思います。

ある日、布団を干そうかとひっくり返すと…

あれっ

何この黒い斑点は?

あぁぁぁぁぁぁぁぁー!カビだ!

布団を買ってまだ3ヵ月程度、ショックでしばらく放心状態

我が家は、通気性のために、すのこベッドに敷布団で寝ているのに、まさかこんなことになるとは思ってもみませんでした。。

カビが生える原因と対策

カビが生えやすい環境として挙げられる4つの条件として

  • 温度0~45℃(特に20~40℃)
  • 空気
  • 湿度70%以上
  • 栄養分

があるそうです。

結構キレイ好きなのに…

おそらく我が家では、加湿器をコントロールせずに付けっぱなしにしていたのが主要因だと。。

どうしよう、、と考えながら検索するも、クリーニングに出したほうがいいような書き込みが多かったのですが、敷布団のクリーニングはとにかく高い!

というわけで、アマゾンにて検索。

スプレーをするだけでいいという、対策用のよさげな商品を発見!!さっそく購入!

ちなみにカビの発生してしまった布団はこれです。。

見たくない方ごめんなさい

カビ 布団スプレー中

もうカビ除去のスプレーをした後ですが、わかりますでしょうか?

にっくきカビ…ちなみに使ったスプレーはこれです

カビ取りスプレー

参考:木製家具、マットレス、ベッドの板、柱、障子の木枠、出窓、畳、布団のカビ取り剤の最強版!超頑固なカビを完全除去【カビホワイト ソフト除去スプレー300ml 畳4枚を目安】(布製品の色柄物は使用不可)

これ、かなりの優れモノでした!

基本的にはスプレーをし、カビが取れたら洗ったほうがいいそうです。

しかし洗えないものに関しては、乾燥させればいいとの表記あり。

薄色物の布団でしたが、1度スプレーし乾燥、またスプレーしすべてのカビが除去できたため、太陽のもと乾燥。

すると、、においもスプレー跡もほぼわからない状態に!!

においに敏感な方は、場所に注意してお使いください。

予防

カビは梅雨だけじゃない!ということですね。。

いまの時期も、布団の中と外では気温差が激しくなり結露しやすくなるので、特にフローリングに布団を敷いている方や、もちろんすのこベッドをお使いの方など、いま一度確認してみてください。

カビが引き起こす症状も様々ありますので…

予防としては

  • 湿度計を設置し、過度に湿度を高めない(乾燥しているからといって)
  • 布団を干す時間がなければ畳む
  • 洗濯物の室内干しにも気を付ける
  • こまめな喚起を心掛ける
  • 乾燥シートを使用する

などでしょうか。

おわりに

ちなみに上のスプレーのアフター写真が

スプレー後スプレー乾燥後

 

よく見ないとわからないレベルまで、スプレー跡の染みも残っていない状態です。

 

カビは、ぜんそくやアレルギー、水虫の原因にもなったりするそうです。

あなどれないですね。

しっかりした予防をし、万が一発生してしまった場合は上記の方法や、クリーニングに出すなど検討してみてください。

それでは