おすすめ

グレイテスト・ショーマンのレビュー(多様性を考える)

グレイテスト・ショーマン

グレイテスト・ショーマン

こんばんは、Akiです。

 映画館にて、現在公開中のグレイテスト・ショーマンが気になっていたので、いまさらながら映画を観にいってきました!

 中盤辺りで、大体のストーリーが分かってしまったにもかかわらず、最後まで引き込まれて飽きることなく見れましたっ!

一見の価値ありです!ぜひお時間のあう方は見てきてほしいなと思います。

このグレイテスト・ショーマンの主人公P・T・バーナムは1842年にアメリカ博物館を開設した興行師で実在の人物です。しかし、映画版として脚色しているため物語としては、ほぼフィクションといえます。

貧しい新婚時代~事業が軌道に乗るまで

 ヒュージャックマンが演じるP・T・バーナムとその妻チャリティは、2人の娘に恵まれ貧しい中も幸せな毎日を過ごす。

 チャリティは裕福な家庭で育ったのもかかわらず、貧しいながらも愛のある家庭で幸せに過ごすが、夫であるP・T・バーナムは、少しでも裕福な生活を送らせてあげたいと望む。

 紆余曲折ありながらも、銀行からの融資を受けられることになり、自分のアイデアを生かした事業を開始することに。しかし、それも振るわずだった。そんな折、娘たちのある一言をきっかけに、人種や障害、国籍や身体的特性などを一切問わないエンターテインメントを思いつく。

 それが著名な批評家の批判を受けながらも、いまでいう炎上商法的な手法で事業を軌道に乗せることに成功。

バーナム

事業が急成長~大失敗まで

 事業が軌道に乗るとP・T・バーナムは勢いづき、地位や名誉、お金に執着するようになる。それとは反対に、しだいにチャリティー(奥さん)の気持ちが離れていく。

にもかかわらず、自信の名を世に知らしめようとP・T・バーナムは長期の巡業に出てしまう。

[ad]

 

全てをなくしかけて大切なものに気づく

 ここまでくると展開的にベタですが、全体的なストーリーの構成や雰囲気がそう感じさせません。

 チャリティーは夫バーナムのあるスキャンダルが契機になり、これまでのストレスを爆発させ出て行ってしまう。さらに大事な劇場が、ある出来事によってなくなってしまう。

最終的にサーカス団員に救われる

 全てを無くし、打ちひしがれるP・T・バーナムに対し、一度は裏切られたサーカス団員が励ましてくれる。その励ましに心動かされ、また一から再出発しようと誓う。サーカス団員たちは裏切られたことよりも、P・T・バーナムのおかげで自分たちが救われたと感謝していた。なんと健気な。。

まとめ

 この映画は、エンターテインメントでありながら、現代に対する問題提起のようにさえ感じました。アメリカのトランプ政権をはじめ、各国が移民や難民に対する厳しい姿勢を表明するなか、人種・性別・社会的階級・身体的特性・障碍などという垣根を超え、全員が協力し合い最高のエンターテインメントを提供する。

 そんな姿勢にダイバーシティ(多様性)の真髄を見た気がしました。見ただれしもがハッピーになる映画と感じましたのでおすすめさせていただきました。

 よかったら是非ご覧ください★

最後までお読みいただきありがとうございました。

FODプレミアム(フジテレビオンデマンド)
刑事ゆがみ