おすすめ

コロナ禍で用意しておくべき備えとは。天災は忘れた頃に

コロナと地震

こんにちは!

コロナウイルスによる緊急事態宣言が延長されましたね。

ウイルスという実体が見えないもののため、不安に感じている方も多いのでは無いでしょうか。さらに政府の対応は後手後手で検査体制は、途上国並みの脆弱性でなにを心の拠り所にしていいか分からないかたも多いのではないでしょうか。

そんな世知辛い状況ではありますが、そんな時だからこそ考えなくてはいけないこともあります。それは最近増えつつある”地震”に対する備えです。

最近になり多方面の著名人やメディアが警鐘を鳴らしていますが、コロナの最中で大災害が発生してしまうと「感染爆発」になることは必至だからです。

想像してみて下さい。

現状の検査数は先進国と比較すると約十分の一です。単純に考えても、現在の陽性者数は氷山の一角で、実際は10倍近い感染者がいることも想定されます。そんな中、東日本大震災のような地震が起きたとすればどうなるでしょうか?

最悪のケースでは広範囲でライフラインが停止され、衛生面も悲惨なことになります。それに追い打ちをかけるようにコロナがやってくる。まさに地獄絵図しか想像できませんね。だからこそ万が一の備えが必要になるのです。

東海大地震はくるのか

最近、地震が増えているため不安に感じている方も少なくないですよね。

東海大地震は必ずくると言われてからある程度の月日が経過していますが、現状はどうなっているのでしょうか。

実はいまも切迫した状況は変わらないそうです。正確な地震予測が難しいため時期の予測などを断言することはできませんが、依然として注意しておくべき状況であるようです。

最近ではアルピニストの野口健さんも「コロナの最中に大災害が発生すれば大変な事に」と警鐘を鳴らしていますし、東洋経済オンラインでも「今日本で災害が起きたら「感染爆発」は免れない」ということを記事にしています。

では対策としてどういった備えをしておくべきでしょうか。それは現代のライフラインの代表とも言える”電気”を絶やさないことかと考えます。

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓

ライフライン復旧

蓄電池が平均復旧期間までの大事な時期を乗り越える

「備えておきたいけどどこに売っているか分からない」、「なにを基準に選んだらいいか分からない」、「本当に緊急時に使えなかったらどうしよう」などなど、最近注目されているとはいえ、蓄電池という比較的 新参者といえる機器に対する不安もあるかと存じます。

そういった不安を払拭するためにも、販売店選びは大事な要因になります。

そこで今回ご紹介したいのが、Panasonic 2018年度太陽光施工実績第一位、SHARP 2018年度優良特約店 太陽光施工実績第一位という実績で、大手メーカーPanasonicから絶大な信頼を誇る、株式会社エナジーコンサルティングという会社です。

その実績もさることながら、その保証体制もしっかりしているので安心です。

電気は震災後の復旧としては水道や都市ガスよりも復旧しやすく、その復旧日数は平均的に2日以内となっています。

「たかが2日なら我慢しようかな。」と思ってしまう方もいるかと思いますが、現状を考えてみて下さい。感染症がこれで収束すればいいですが、現状は検査数も不安定でかなり怪しいですよね?

しかも韓国は一度”コロナの封じ込め”に成功した優等生とされていたものの、再拡大が危うい状況です。韓国よりも検査数で遥かに劣っている、日本が今の状況で緊急事態宣言を解除したあげくに、万が一の地震が来たらどうなるでしょうか?

考えただけでも恐ろしいですね。まさに「備えあれば憂いなし」。

すこし話は逸れましたが、電気の普及の平均が48時間以内であることを考えると、もし蓄電池がない場合、まさに3密の避難所に駆け込まなければならなくなります。そこに1人でも感染者がいたとすると、悲惨なことになるのは目に見えていますね。

コロナ前でしたら蓄電池がなくても避難所に行けばいいという発想で良かったかも知れませんが、パンデミックの元では安直なことを言っていっていられません。自分の命を守るためにもなるのです。

蓄電池メディア

蓄電池の取扱製品

さて株式会社エナジーコンサルティングが取り揃えている蓄電池は3種類あります。

PRIME STAR(PR-HUG-400A)

安心蓄電池
価格 199,800円(税込)
容量 390wh
定格出力 300W
想定寿命 1,000回充電
寸法(mm) W233×D148×H284
重量 5.3kg
機器保証 1年

nichicon(ESS-P1S1)

安心蓄電器
価格 459,800円(税込)
容量 2kwh
定格出力 800W
想定寿命 約10年
寸法(mm) W250×D550×H380
重量 38kg
機器保証 納品から10年

Panasonic(LJ-SF50B)

安心 蓄電池
価格 857,000円(税込)
容量 5.0kwh
定格出力 1.5KW
想定寿命 約10年
寸法(mm) W250×D626×H649
重量 65kg
機器保証 納品から7年

どれも保証付きで安心です。

ちなみに、kWは瞬間の電力、kWhは電力量です。kWhが使用できる総量だとお考えいただければいいかと思います。

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓

3密を防ぐためにも大事な備え

前述しましたが、現時点で恐れるべきは地震であることはもちろんのこと、感染症にも気を配らなければいけないという、ダブルパンチの状況です。

避難所は3密の代名詞。どのくらいの規模の地震になるかは想定できませんが、ライフラインの復旧までの時間稼ぎと、リスクを減らすという点においては蓄電池は絶好の役目となることは間違いありません。

不安でつらい時期ですが、日本という国に生まれてしまった以上、覚悟して備えていかなければいけません。

まとめ

今回はコロナウイルスと地震という両リスクに備えるための記事を買いてみました。東京では日に日にコロナウイルスの感染者が減ってはいますが、専門家会議の尾身副座長も「実際の感染者は分からず。」といっています。

統計的見解で言えば、無症状の人合わせて10万人規模であっても不思議では無いといっています。当面続くであろうとされているコロナウイルスといつ突然襲ってくるのか検討も付かない”地震”。

不安は尽きませんが、だからこそ備える必要があるのです。

「天災は忘れた事にやってくる」とは寺田 寅彦さんが言った言葉ですが、本当にそのとおりでは無いでしょうか。今地震が来たとしたら、今回の感染症のマスクのようにすぐに手に入らなくなる事が予想されます。
その時のための対策としてご検討してみてはいかがでしょうか。

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓