経済

コインチェックの仮想通貨流失問題について

NEM

事件の発端は…

こんにちは。おととい辺りから世間を騒がせているコインチェック㈱。巨額の仮想通貨NEM580億円分を不正送金されてしまい大問題になっていますね。今回発生してしまった不正送金に関しては、あらゆる問題点があったことが取り沙汰されています。一部では、ホワイトハッカー(コンピューターやネットワークに関する高度な技術や知識を持ち、それを善良な目的のために活かす人)が犯人のアドレスを特定したとの報道も流れているよう。

 

問題の所在

同社では、仮想通貨を管理するにあたり、常時ネットワークに接続された「ホットウォレット」でNEMを管理していたそう。ネットから隔離した「コールドウォレット」で保管していなかったため、悪意のあるハッカーによって不正送金されてしまったことも理由の一つである。同社は金融庁に対し、仮想通貨交換事業者として申請していたものの、まだ認可前だった模様。

不足していた技術者

去年のビットコインに端を発する仮想通貨バブルにより、急成長を遂げた同社CEOはTwitterでも、たびたび技術者の募るなど、その手の技術者が不足していたようです。取引時に複数の電子署名が必要で、セキュリティが高い「マルチシグ」という技術的な仕組みを導入できていなかったよう。

今後の動きに関して

冒頭でも述べましたが、ホワイトハッカーが犯人と思しきアドレスを発見したとの報道もでているため、早期の解決を期待したいところです。

同社は返金に対応すると言っていますが、未上場のため、財務諸表が公表されておりません。大塚COOは、現預金でどうにかなるといっていますが、資本金が9000万円であるところを考えると、その現預金は顧客からの預かり金なのでは?感じてしまいます。

仮想通貨はブロックチェーンの技術により、基本的な安全性は確保されているはずですが、運営側の管理によっては今回のような事態も起こってしまいかねません。実態のないものに投資する以上、そういったリスクも頭に入れなければならなそうですね。

いずれにせよ、大事な貯金を投じて運用していた方も多くいるので、一刻も早い解決をいのります。